すくすくどんどんBシリーズ


 「すくすくどんどんBシリーズ」は、自宅で、お母さんやお父さんが、
お子さんと一緒に楽しく、取り組める教材です。

「すくすくどんどん」を終わってしまったけれど、次の年齢の教材に移る前に、同じような問題を
やらせたいのだが、という方々のご要望もありすくすくどんどん新作電子版を補完する教材として作りました。

前作と同様に「言語」(60問)分野に重点を置 き、 「図形」(30問)、「数・量」(60問)、
「記憶」(30問)、「知識」(30問)、「巧緻性」(30問)の6分野を
バランスよく学習できるように、構成しています。

前作とは学習テーマやレベルはほぼ同じですが、素材となるイラスト(言語)が異なります。
前作の同頭語で「あ」のつくものとして「あさがお」や「あじさい」が出てくるとすれば
新作のBシリーズでは「あり」や「アザラシ」が出てくるとか
知識の分野で「左右」を問題にするとき前作では「手」や「手袋」が素材になり新作では
「足」や「靴」、「靴下」などが素材になるなどです。
※下記サンプルをご覧ください。

各問題1ページに解答と解説が1ページあり、はじめて取り組まれる
ママやパパにもプロの先生と同様の幼児の知能開発をしていただけます。

この教材はそれぞれの年齢用の習得教材です。
この教材で初めて学ぶことも多いはずです。
初めは問題に正解できなくて当たり前と思って少しずつ進めてください。
1回の学習量は多くて20ページ。普通は10ページ程度です。

ポイントはお子様といっしょに楽しく学習すること、
できたら心からほめてあげることです。


 ●「すくすくどんどんBシリーズ」の構成

「すくすくどんどんBシリーズ年少用」−−−合計508ページ
「すくすくどんどんBシリーズ年中用」−−−合計508ページ
「すくすくどんどんBシリーズ年長用」−−−合計514ページ

※「Bシリーズ」には最年少用がありません。

印刷済みのプリント教材も販売しています。


【使い方】

・あらかじめ、問題ページを印刷しておいて下さい。
・「用紙に合わせる」で印刷すれば用紙の大きさはどれにでも対応しますがA4サイズが標準です。
 詳しくは印刷の方法をご覧下さい。
・4Bくらいの鉛筆か、10〜12色の色鉛筆を使って学習します。(クレヨンでもかまいません)
・予め解答解説ページを読まれてから「問題文」を、読んであげて下さい。
・お子さまが回答し終わったら、○付けをしてあげて下さい。
・お子さまが上手にできたことを、ほめてあげましょう。
・「できた」「ほめてもらった」という小さな成功体験の積み重ねが、
お子さまの学習意欲を高めていきます。

【どの教材からはじめるか】

 こどもの発達度には個人差があります。
 以下の知能診断チェックシートを、どの教材から始めるのがよいかの目安にしてください。
  充分に易しいと思われるところから始める方が効果的です。

 知能診断チェックシート

「すくすくどんどん」が初めての方の具体的なご利用方法


下記の順番でお進みください。

「すくすくどんどん新作電子版最年少」⇒
「すくすくどんどん新作電子版年少」⇒
「すくすくどんどんBシリーズ年少」⇒
「すくすくどんどん新作電子版年中」⇒
「すくすくどんどんBシリーズ年中」⇒
「すくすくどんどん新作電子版年長」⇒
「すくすくどんどんBシリーズ年長」




サンプル(各50ページ余り)を下記リンクから
ダウンロードし、印刷してご利用ください。


年少用

年少用サンプル



年中用

年中用サンプル



年長用

年長用サンプル





クレジットでのご購入はこちらからどうぞ

ダウンロードまたはプリント


銀行振り込みでのご購入はこちらからどうぞ



ダウンロード複数割引ご購入はこちらからどうぞ





 
Copyright (C) KDK. All Rights Reserved.