電脳文庫の教育書
「頭がよくなる1000語」


「頭がよくなる1000語」は語彙力を培い、
確認するワークブックです。
家族や先生とアドベンチャーゲーム的に
200の設問に取り組んでください。


「1000語」はどんなことばか?

200の設問は「同頭語」、「同尾語」、「仲間集め」のカテゴリーから多く出題しています。
すくすくどんどんの「基本800語」を取捨選択し、加えて、絵本や、こども百科事典、図鑑、
ことば辞典、教科書、少年少女用読み物を再調査し、使用頻度の高い1500語を抽出しました。

さらに、小中の科目学習における重要度でそれをスクリーニングし「体言」
(ものやことの名前)のみに限定して「頭がよくなる1000語」としました。

「あるく」とか「あかるい」とかものごとのなまえではないことば(用言)は
今回1000語には入れておりません。









■サンプルダウンロード











利用法

「頭がよくなる1000語」は、発問者(ひとり)と回答者(ひとり以上)が
共同して読み進める語彙力強化のワークブックです。

家庭では、お母さんか、お父さんが質問し、こどもが回答するのが基本的
スタイルですが、兄弟姉妹や祖父母と孫など組み合わせはいろいろです。
時には発問者と回答者が交代してもよいでしょう。
教室では先生が質問し、こどもたちに挙手をして答えさせます。

家庭でも、教室でも、回答者には目を閉じさせてください。
語彙力強化には「ことば(音)のイメージ化」が不可欠です。
目を閉じていれば、イメージ化に専念できます。

このワークブックを行なう場合の最も大切なルールは
「できなければ、次の問題には行かない」ということです。
たとえば、「どうぶつのなまえを10個、言ってください」という問いがあれば、
回答者が10個言えるようになるまで、次の問題には進みません。

初めのうちは、簡単に進むことができると思います。
見事200問目を終えた暁には、重要な体言1000語の
ボキャブラリーホルダーです。




200問全部クリヤーのメルクマール

5,6歳児: たいへん優秀です。小学校での成績はトップクラスになるでしょう。太鼓判を押します!

小1,2年生: 優秀です。国語だけでなく他の科目の成績もいいはずです。
中学受験にも挑戦できるでしょう。

小3から6年生:1回でクリヤーできれば優秀です。

中学生以上: できて当然です。1回でできなかった場合、
日頃から辞書や事典を読むなどの努力が必要です。

75歳以上: たいへん優秀です。





下記の注文票からご購入ください。

「注文票」

◆教材価格一覧表はこちらです。

ご質問、ご要望は こちらへメールをお送りください。 


☆教育デザイン研究所